大阪で住まいをリフォーム・リノベーションしてスマートに住もう(Osaka Housing Revitalization Forum)

第1回シンポジウムの報告

大阪の住まい活性化 第1回シンポジウムの報告

当日の様子

 パネルディスカッション1 パネルディスカッション2

1.シンポジウム概要

  • 日時  平成25年9月14日(土) 10:00~11:45
  • 場所  大阪市中央公会堂 3階 中集会室
  • 概要  『大阪の住まい活性化 第1回シンポジウム
  • テーマ 「ちゃんと住まい ~自分軸で編集する住まい選び~」
  • 主催  大阪の住まい活性化フォーラム・(一社)リノベーション住宅推進協議会

2.シンポジウムの趣旨・目的

  • 中古住宅をリノベーションして自分らしく住まうことの良さや“価値”を、府民に広く知ってもらうために、新たな住まい方や中古住宅再生を日々提案しつづける研究者や事業者等が、それぞれの経験に基づく持論をぶつけ合い、府民が自らの住まい方や大阪の住まいを見直すきっかけとする。

3.シンポジウムのプログラムと講演資料

  • 主催者側 あいさつ :大阪府住宅まちづくり部長 佐野 裕俊 氏
  • パネルディスカッション
    テーマ:ちゃんと住まい ~自分軸で編集する住まい選び~
    ・コーディネーター :島原 万丈  氏(HOME’S総研 所長) 【資料】
    ・パネリスト    :伊丹 絵美子 氏(大阪大学大学院 工学研究科 特任研究員) 【資料】
               大島 芳彦  氏(株式会社ブルースタジオ 専務取締役) 資料【1】【2】【3】
               小池 志保子 氏(大阪市立大学大学院 生活科学研究科 准教授)
               久田 カズオ 氏(9株式会社 代表取締役) 資料【1】【2】

4.シンポジウムの詳細はコチラ

a:2288 t:2 y:1

powered by Quick Homepage Maker 4.9
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional